GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
インフォメーション
日々の新聞社では「読者欄」の新設に伴い、「声」を募集しています。分量 は400字詰め原稿用紙1枚程度。住所・氏名・年齢を明記し、こちらのメールアドレスまで、お送り下さい。匿名投稿は禁止です。

いわきの医療
スタッフ募集
いわき日和
2011年カレンダー

更新情報new!
1/15(Wed)
第405号





日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


 仕事始めの日に、いわき市平下神谷の小松政男さん(93)が縁起物を持って訪ねてくれた。政男さんの名刺には縁起絵師と禅画芸術師の二つの肩書きが記されていて、その縁起物は縦50cm、横1m10cmの紅白の紙に書いた「長寿の心得」だった。
 国鉄職員だった小松さんは平駅(いまのいわき駅)に勤務した時、「字が下手だ」と上司に言われ、書を学び始めた。定年退職後は東京の教室に通 い、さらに禅画の世界にも足を踏み入れ、中国に出かけて勉強した。
 「長寿の心得」は中国の少林寺の師が教えてくれた言葉で、小松さんは機会あるごとに友人・知人に伝えているという。「もしお迎えがきたら」という仮定のもと、

 還暦(60歳) とんでもないよと追い返せ
 古希(70歳) 未だ未だ早いとつっぱなせ
 喜寿(77歳) せくな老楽これからよ
 傘寿(80歳) なんの未だ未だ役に立つ
 米寿(88歳) もう少しお米を食べてから
 卒寿(90歳) 年齢に卒業はない筈よ
 白寿(99歳) 百歳のお祝いが済むまでは
 茶寿(108歳)未だ未だお茶が飲み足らん
 皇寿(111歳)そろそろゆずろうか日本一

 と、なっている。百寿(100歳)が含まれていないのは白寿に「百歳のお祝い」の言葉が登場するからで、これらは自分を励ます言葉なのだという。長寿のお祝いには120歳の「大還暦」もあって、還暦2周到達の目標もひそかに隠れている。
 そして終わりに「氣(きはながく)心(こころはまるく)腹(はらはたてず)口(くちをつつしめば)命(いのちながかれ)」と書かれ「念ずれば花ひらく」と結ばれている。

 上司の言葉を「育ててくれている」と素直に受けとめて始めた書が、その後の小松さんの生き方を広げ、豊かに楽しく活動的にしている。「論語」も学び、ある時期、大学で学生に教えた。学生には自ら「こんにちは」と積極的に声をかけ、履物をそろえるなど自身のうしろ姿を見せた。すると、少しずつ学生に変化が見られた。「いまの教育は教えないで育てない」と、小松さんは言う。  毎日、つけている日記には必ずその日、耳にしたいい言葉を書きとめ、そして「みなさんがしあわせでありますように」と願いも忘れない。

 2020年、いい年になりますように。


  黒田征太郎さんの「たねまくカレンダー2020」ができました。黒田さんのご厚意で絵を提供していただいて8作目になります。初めてカラーにしました。
 今回はアトムのカレンダーです。黒田さんは今年春、絵本『18歳のアトム』を出版しました。18歳のアトムの姿を通 して、平和の大切さ、命の尊さを伝え、それぞれの生き方を問いかけています。
 クリスマスプレゼントや贈り物などにどうぞ。
  定価は1部700円(税別)+送料 1〜4部…130円、5部以上…無料。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。
 詳しくはこちらへ。


 粥塚伯正さんが25年ぶり3冊目の詩集を自費出版しました。東日本大震災以降に書かれた詩が収められています。タイトルは「婚姻」。その名の詩はありませんが、すべての作品が婚姻を表しています。
  定価は1部2000円(税別)+送料1部300円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 夏井芳徳さんの『いわき戊辰探究』が発行されました。
 色々な読み方ができ、より深くいわきの戊辰戦争を知ることができる内容になっています。
  定価は1部2500円(税別)+送料1部300円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 『いつくしみ深き 草野天平 梅乃 杏平の歳月』を発行しました。
  『天平―ある詩人の生涯』から18年。その後を加筆・書き替えて出版しました。
 天平と梅乃と杏平の3人家族のものがたりです。
 四六判 268ページ おりおん刊
 定価は2000円+税+送料1部150円。
 希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


フォーク者イサジ式のCDを販売しています。
詳しくはこちら




 新聞オンライン.COMで日々の新聞が購読できるようになりました。
 
デジタルで新聞が読めます。 どうぞご利用ください。





 『このさんねん』を発行しました。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。
 詳しくはこちらへ。目次のページが見られます。






 お待たせしました。
 品切れのためSOLD OUTになっていた日々のブックレット『このいちねん』を再発行しました。東日本大震災以降の日々の新聞報道の原点ともいえる内容です。
  定価は1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 

 東日本大震災以降の日々の新聞の報道をまとめた『このにねん』を販売しています。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。



東日本大震災・原発問題に関する
皆さんの声をお聞かせください

hibi@k3.dion.ne.jp
お寄せ頂いた不安 や疑問は調べてお答えします。



当サイトに掲載の記事・写 真等の無断転載を禁止します。
「日々の新聞」に関するお問い合わせは

hibi@k3.dion.ne.jpまでどうぞ。

(C)日々の新聞社
〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬一丁目12-9
TEL・FAX 0246(21)4881



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集



 
ホームへ画面上へ