GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
 特集.いわきの戊辰戦争 平潟編

磐城三藩や小名浜攻めの拠点に

 いわきの戊辰戦争を語るうえで平潟港(茨城県北茨城市)は欠かせません。まず旧幕府軍が担いだ輪王寺宮が上陸したかと思ったら、20日ほどたって新政府軍が来て仙台藩兵を蹴散らし、まんまと港を奪いました。それからは平潟が基点になって、いわきでの戦いが繰り広げられました。平潟には150年たったいまも、戊辰が息づいています。町を歩いてその名残を探し、ゆかりの人などから話を聞きました。




輪王寺宮のその後


古傷の痛みを感じながら




いわき戊辰戦争 明暗  夏井芳徳


新政府軍の平潟上陸
意表を突く作戦を展開




海徳寺のこと


鳥居がある新政府軍兵士の墓

 海徳寺は平潟の高台にあります。真言宗智山派の寺で、いわき市にある閼伽井嶽薬師常福寺の末寺です。ここには戊辰戦争で命を落とした新政府軍兵士が数多く眠っています。住職の小山正純さんに話を聞きました。




砥上屋のこと


三階建ての風情ある建物

砥上屋のご主人の加藤光雄さんに話を聞きました。




華蔵院のこと


新政府軍の本営や病院の役割を担う

 平潟港を見守るようにある鷹岡八幡神社は海抜50m。とても見晴らしがいい場所にあります。宮司の鷹岡忍さんに話を聞きました。




 記事

自主避難者の憂い(18) 矢内 齊

本気で被災者に寄り添う



My way 吉田勉子さんのこと

(15)母の思い
心画会会長の吉田勉子さんの半生をたどる連載です。



 連載

DAY AFTER TOMORROW(179)


こよみのよぶね



ストリートオルガン(126)

生命の賛歌
平和な未来へのたねまき



勝川克志 アーチストの一日(55)

漫画家・勝川克志さんのオリジナル漫画の連載です。


日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ