GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
インフォメーション
日々の新聞社では「読者欄」の新設に伴い、「声」を募集しています。分量 は400字詰め原稿用紙1枚程度。住所・氏名・年齢を明記し、こちらのメールアドレスまで、お送り下さい。匿名投稿は禁止です。

いわきの医療
スタッフ募集
いわき日和
2011年カレンダー

更新情報new!
5/16(Sat)
第413号





日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


 「給付金もマスクもまだ来ないけど、車の税金は速攻で来るんだな」―。知人がFacebookでこうつぶやいた。確かに車の税金納付書は来ているが、物議を醸したアベノマスクも給付金の申込用紙も届いていない。新型コロナウイルスに苦しめられている庶民のあきれ顔が、目に浮かぶ。
 安倍内閣は、新型コロナウイルス対応で、とんちんかんなことを繰り返している。まず、オリンピック開催と習近平主席の来日にこだわって身動きが取れなくなり、後手を踏んだ。さらに、ありがたくもない布マスクの配布を強引に進め、給付金を巡っても迷走した。PCR検査の窓口や対象を絞ったやり方についても、国際社会から「数字を隠蔽している」と非難された。にもかかわらず、どさくさに紛れて検察官定年延長法案を通 そうと画策する。そこにあるのは自分の身を守ることだけで、国民の姿は見えていない。

 パンデミック後の世界はどうなるのか。そうでなくてもメールやSNSなどの普及で人と人との接触が減っているのに、感染防止のための外出や対面 制限などが定着していくと、いまの生活が日常へと変わっていくのだろうか。そんな、もやもやを抱えながら、精神科医の松崎博光さんを訪ねた。
 松崎さんの意見はまったく逆で、良質なものづくりに回帰し、集中型ではなく分散型の社会にすべき、というものだった。そして「10年、50年後の社会や人類の姿が見えてくる哲学に注目する必要がある」と言った。
 NHKテレビ「パンデミックが世界を変える」に出演したジャック・アタリさん(フランスの経済学者で思想家)の意見は「他者のために生きるという人間の本質に立ち戻らないといけない」というもの。歴史をみると、人類は恐怖を感じるときに大きく進化するので、いまが変えるチャンスなのだという。しかし、未来について考える力がとても乏しいうえに忘れっぽく、過去の負の遺産を嫌うために、それが取り除かれるとこれまで通 りの生活に戻ってしまう。そうした弱さを持たず、すべての人が次世代の利益になるように行動すれば、それが希望になる―と自らの考えを話した。

 福島で原発事故が起こったあと、日本中の原発がすべて止まった。しかし、あれだけの大惨事が起き、いまだに苦しんでいる人たちがいるというのに、原発がなくなることはなかった。ただあのとき、わたしたちは「国の言うことはあてにならない。自分で調べて考え、行動するしかない」ということを学んだ。だから、新型コロナ禍で原発事故による放射能禍を教訓にできない国の姿が透けて見え、どうにもならないジレンマに苛まれている。それがもどかしい。
 ドイツのメルケル首相はコロナの行動制限について、自分のことばで国民に訴えた。
 「開かれた民主主義というものは、政府が政治的決断を行うとき、透明でなければなりません。そこには当然、説明と話し合いが含まれています。激しい闘いで手にした、さまざまな自由を、民主主義のなかで制限する、それは軽々しく決めるべきではなく、一時的な場合だけに限られるべきです。しかしいまは、命を救うためにどうしても必要なのです。わかってください」
 東ベルリン出身で、物理学者でもあるメルケルさん。真摯で心に響くことばだった。

  黒田征太郎さんの「たねまくカレンダー2020」ができました。黒田さんのご厚意で絵を提供していただいて8作目になります。初めてカラーにしました。
 今回はアトムのカレンダーです。黒田さんは今年春、絵本『18歳のアトム』を出版しました。18歳のアトムの姿を通 して、平和の大切さ、命の尊さを伝え、それぞれの生き方を問いかけています。
 クリスマスプレゼントや贈り物などにどうぞ。
  定価は1部700円(税別)+送料 1〜4部…130円、5部以上…無料。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。
 詳しくはこちらへ。


 粥塚伯正さんが25年ぶり3冊目の詩集を自費出版しました。東日本大震災以降に書かれた詩が収められています。タイトルは「婚姻」。その名の詩はありませんが、すべての作品が婚姻を表しています。
  定価は1部2000円(税別)+送料1部300円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 夏井芳徳さんの『いわき戊辰探究』が発行されました。
 色々な読み方ができ、より深くいわきの戊辰戦争を知ることができる内容になっています。
  定価は1部2500円(税別)+送料1部300円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 『いつくしみ深き 草野天平 梅乃 杏平の歳月』を発行しました。
  『天平―ある詩人の生涯』から18年。その後を加筆・書き替えて出版しました。
 天平と梅乃と杏平の3人家族のものがたりです。
 四六判 268ページ おりおん刊
 定価は2000円+税+送料1部150円。
 希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


フォーク者イサジ式のCDを販売しています。
詳しくはこちら




 新聞オンライン.COMで日々の新聞が購読できるようになりました。
 
デジタルで新聞が読めます。 どうぞご利用ください。





 『このさんねん』を発行しました。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。
 詳しくはこちらへ。目次のページが見られます。






 お待たせしました。
 品切れのためSOLD OUTになっていた日々のブックレット『このいちねん』を再発行しました。東日本大震災以降の日々の新聞報道の原点ともいえる内容です。
  定価は1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 

 東日本大震災以降の日々の新聞の報道をまとめた『このにねん』を販売しています。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。



東日本大震災・原発問題に関する
皆さんの声をお聞かせください

hibi@k3.dion.ne.jp
お寄せ頂いた不安 や疑問は調べてお答えします。



当サイトに掲載の記事・写 真等の無断転載を禁止します。
「日々の新聞」に関するお問い合わせは

hibi@k3.dion.ne.jpまでどうぞ。

(C)日々の新聞社
〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬一丁目12-9
TEL・FAX 0246(21)4881



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集



 
ホームへ画面上へ