GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
2017.1〜12
2018.1〜12
2019.1〜12
 特集.小さな旅 奥日立編

 現在の日立は日立鉱山がはじまりです。かつて日鉱があって栄えた日立の山側を、その全盛期の面 影を偲びながら巡りました。パワースポットや藁葺き屋根の温泉なども紹介しています。




日立鉱山と久原房之助


  明治の後半、久原房之助が日立鉱山を創業しました。小さな存在だった鉱山が驚くほどの発展をとげ、足尾や別 子などと並ぶほどになりました。日立のまちがいまのようになったのも日立鉱山がきっかけでした。日立鉱山の歴史と房之助の人生を紹介します。



 記事

磐城高校がセンバツへ

 磐城高校が21世紀枠でセンバツに出場することになりました。野球部の歴史や歩み、今のチームの取り組み、監督の苦悩などを紹介します。

 




木村 保監督のはなし

 木村監督に21世紀枠で選ばれることの意味、目指しているものなどを聞きました。




須永 憲史さんのはなし

 須永さんは磐城高校が甲子園で準優勝した時の監督です。自身の経験から、無念無想で戦うことが練習通 りの力を出すことになると言います。



メトロノーム

 磐城高校は、1971年の甲子園夏の大会で準優勝しました。どうして決勝まで進むことができたのか。当時と今の高校野球を取り巻く環境の違いや、監督の指導方法などについて考えます。


戸惑いと嘘(40) 内山田 康

ゴーストタウン(3)


いわきの地域新聞と新聞人(9) 小野 浩

「常磐新聞」 と伊藤隆次


阿武隈山地の万葉植物 湯澤 陽一

湯澤陽一さんの連載
  (3)スギ



 連載
ぼくの天文台2(50)

粥塚伯正さんによる連載
年は去り、またやって来る



ストリートオルガン(148)

1964年の東京オリンピック






日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ