GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188
189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207    



 ひと月前のこの欄で、4月7日に緊急事態宣言が出されたと書き出して、ひと月後はどうなっているのだろうと書いていた。そしてこの原稿を書いている今日は、5月1日。状況は相変わらずで、まだ先が見えない。最悪のとんでも無いことにはなっていないようであり、気を許せばまだこれからそうなることもある。ずーっと我慢の、今が肝心な時という状況が続いている。
 大学への学生の登校禁止は5月10日から5月末まで延長された。実技が主な藝大にとっては、いつまでアトリエが使えないのか、卒業年度の学生にとっては、本来1年かけて制作する卒業作品の制作時間が減って行く。十分な時間がないのであれば、休学も考え始める者が増えてくる。秋入学という話題が俄かに国会とか全国知事会で取り上げられてきた。学校に行けない時間が伸びれば、教育の現場はそんなことも考えざるを得ない。
 これに対して関係機関の対応は、各自考えなくてはならないと話し合っているだろうが、「まわりが決まらないと進まない…」とみんなが万事そんな感じであろう。ハンドルの切れ具合が悪く、視界も悪く、羅針盤もあてにならないなあ、という経験をしたことのない海域での航海が続いている。「こんなはずじゃなかった」と乗船客は言い出している。しかしどの船に乗っても、同じ海の上では…。前回と同じことをここでまた言っておく。次回この原稿を書くひと月後には、この状況はどうなっているのだろうか?
 前回はどんでもない状態になるかもしれないという危機感があったが、今回は「そうはならないだろうけれど、急激に好転もしないだろう、きっとこんな状態でまたひと月後もむかえるのだろう」という覚悟はしておこう…」という気になっている。しばらくはこの気持ちの変化を書き留める日々の新聞にしよう。早くコロナの話題でない記事が書けることを祈って…。

(アーティスト)
 

 
  ホームへ画面上へ