028回 千の風になって

大越 章子

 

画・松本 令子

そこから広がるそれぞれのものがたり

千の風になって

 私のお墓の前で
 泣かないでください
 そこに私はいません
 眠ってなんかいません
 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹きわたっています
 秋には光になって
 畑にふりそそぐ
 冬はダイヤのように
 きらめく雪になる
 朝は鳥になって
 あなたを目覚めさせる
 夜は星になって
 あなたを見守る

 「千の風になって」。作家の新井満さんが作者不明の12行の英語詩「a thousand winds」を日本語詩にし、曲をつけた。そして新井さん自身が歌って私家版のCDを30枚だけつくり、それを聞いた知人で、朝日新聞の論説委員だった小池民男さんが「天声人語」で紹介した。「千の風になって」はたくさん人々の心に響き、広まっていった。
 それが3、4年前。昨年の大晦日、紅白歌合戦でテノール歌手の秋川雅史さんが歌い、再びブームになっている。3、4年前はその詩、今回はすきとおった遙か遠くまで吹く風のようなその歌、メロディが心をとらえた。阪神淡路大震災から10年の先月17日にも、トランペットでこの曲が奏された。
 海外ではマリリン・モンローの25回忌の追悼式、9.11の同時多発テロの一周忌の追悼式で、英語詩が朗読された。アイルランドのテロの犠牲になったイギリス軍兵士の青年が「もし僕が死んだら」と両親に託した手紙にも、英語詩が書かれていた。
 詠み人知らずの詩なので、作者を巡ってさまざまな説がある。新井さん自身、この詩に出会い、訳し、曲をつけるまでにはものがたりがある。そのいきさつは著書『千の風になって』(講談社)に書かれ、作者についても想像のものがたりが描かれている。
 たぶん、秋川さんもこの歌を歌うにいたったものがたりがあると思う。その歌を聞くわたしたちも、歌から広がるものがたりを持っている。  
 草木台にある個人宅の小さなホール「エリーゼハウス」でこのあいだ開かれた深町純さんのピアノのミニコンサートのラストに、即興で「千の風になって」が演奏された。春風、薫風、つむじ風、上昇気流、青田風など変幻自在の風がホールに吹いた。新井さん、秋川さん、スーザン・オズボーンさん、新垣勉さん、中島啓江さんなど、それぞれが歌うように。

 「千の風になって」を多くの人に知らせるきっかけになった小池さんは昨年、59歳で風になった。
 

そのほかの過去の記事はこちらで見られます。