第418号

 特集 佐藤安太ものがたり

 特別展「佐藤安太~いわきの生んだおもちゃ王」が9月15日まで、いわき市勿来関文学歴史館で開催されているのをきっかけに、総合玩具メーカーのタカラ(現在はタカラトミー)の創業者の佐藤安太(1924-2019)の生涯をたどる。
 安太は石城郡沢渡村(現在のいわき市三和町)で生まれ育ち、終戦後、東京に出て会社勤めをしたあと、ビニール加工の工場をつくり、やがてビニール人形のダッコちゃんや、リカちゃん、チョロQなどたくさんのおもちゃを開発し、一線を退いたあとは83歳で山形大学大学院に入学し博士号を取得。「人生に老後はない。人生があるだけ」と語っていたという。

 記事

金子みすゞのはなし

「没後90年 童謡詩人金子みすゞ展」が9月22日まで、いわき市立草野心平記念文学館で開かれている。大正の終わりから昭和の初めにかけて童謡詩人として注目された金子みすゞの生涯を追いながら、後年、再び脚光を浴びることになった「よみがえり」の経緯などを調べた。

金子みすゞ 1923年
金子みすゞ著作保存会提供

ギャラリー見てある記 金子みすゞ展


シネマ帖

I 新聞記者ドキュメント

 東京新聞記者・望月衣塑子さんを森達也さんが追ったドキュメント映画。官邸、社内で孤立する望月さんの苦悩が映像から見える。ジャーナリズムのあり方を考えさせられる作品。


鎮魂歌(レクイエム)


粥塚 伯正さん

2020年7月21日没 享年69

 連載

戸惑いと嘘(52) 内山田 康
歩いて触れて触れられて考えてまた歩く(5)


阿武隈山地の万葉植物 湯澤 陽一
(15)ハス


地域新聞と新聞人⑮ 小野 浩
大陳情団「白襷隊」


もりもりくん カタツムリの観察日記③ 松本 令子
好きなもの

 

 コラム

ストリートオルガン (153) 大越章子
ジョーとルイザ