第509号

 特集 トキワ荘物語

昭和28年から36年まで手塚治虫や寺田ヒロオ、石ノ森章太郎など11人の漫画家が住んだトキワ荘。2020年には豊島区が建物を復元し、トキワ荘ミュージアムとして一般公開を始めた。ミュージアムがある南長崎(旧椎名町)はいま、聖地巡礼をする人たちが訪れている。地元の人たちの思いやトキワ荘の歴史、漫画家たちとの関わりを紹介する。

トキワ荘と漫画家たち
漫画の黎明期をともに走って
良質の文化を創り出した同志

福島県出身者 よこたとくおのこと

としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会
紫雲荘活用プロジェクト
大山 朱実さん
紫雲荘がトキワ荘スタイルをつなぐ

映画「トキワ荘の青春」のこと

 記事

追悼 粟津 則雄さん

文芸評論家でフランス文学者、いわき市立草野心平文学館名誉館長の粟津則雄さんが4月19日、心筋梗塞で亡くなった。96歳だった。生前に交流のあったもと心平記念文学館専門学芸員の小野浩さん、福島県現代詩人・「歴程」同人の齋藤貢さんに寄稿していただいた。

知の巨人が旅立たれた 小野浩
比類なき知の巨人 齋藤貢

つどいで話すさんおしどりマコさん

 連載

木漏れ日随想(18)佐藤 晟雄
思い出のイチョウ



DAY AFTER TOMORROW(255) 日比野 克彦

J TRIP BAR
作品を伝えるということは
どういうことなのだろうか

 

 コラム

ストリートオルガン(190) 大越 章子

金ケ崎の大松沢家
築山を中心としたミドリ美しい見事な庭園