第210話 朝の日課

 風の通る家

 朝の日課210話 

 毎朝、出勤してくると、まずアサガオの水やりをする。2つのプランターと3つの植木鉢にアサガオがジャングルのように育っている。長めの支柱を立てているがとても足りず、巻きつくものがなくて上下に行ったり来たりしている。2階からネットをつるす予定だったが、大がかりな雑草退治が必要で断念した。
 それでもアサガオは毎朝、けなげに花を咲かせている。「おはよう」と声をかけながら水をかける。この暑さに土はカラカラに乾いていて、大きなじょうろで何度も念入りにかける。秋が深まったころには、種が収穫できそう。欲しい人におすそわけしたい。

そのほかの過去の記事はこちらで見られます。