GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

常磐線全線再開を前に

 1月中旬に電車でいわき駅から富岡駅まで往復した。「ビッグイシュー日本版」3月1日発売号のふくしま特集の取材のためだった。ここ5年以上、友人でジャーナリストの藍原寛子さんと特集のお手伝いをしている。
 ビッグイシューでは震災・原発事故から丸何年ではなく、何年目というタイトルをつけているので、今年は「10年目のふくしま」となる。3月14日に原発事故以降、不通 になっていた富岡駅から浪江駅間の20.8kmを電車が走り全線再開されるので、久しぶりに常磐線で北に向かった。
 学生時代を仙台で過ごしたので、常磐線経由で仙台駅までずいぶん往復している。主に各駅停車を利用し、3時間揺られた。あのころ浪江駅で1時間経過、原ノ町駅で半分、岩沼駅まで来るとあともう少し、と思った。
 富岡行きの電車は、いわき駅で東京からの特急と待ち合わせていることもあって、ビジネスマン風の男性が多く乗っていた。とても天気のいい日で、窓越に見える風景は国道6号を走っての風景とは違い、窓越しにカメラを向けた。
 四ツ倉駅を過ぎてトンネルを2つぬけると海が見えてくる。末続駅からは、津波の傷跡がよくわかり、末続寺をひとり守るミイ子さんを思った。広野駅を過ぎると、次は新設されたJヴィレッジ駅だが、まだ常設駅でないので通 過した。
 そして木戸と竜田駅を過ぎると、もう富岡駅。片道42分の旅はあっという間だった。富岡駅から福島第二原発の建物がほんの少し見えることに、その時初めて気づいた。あの日からもうすぐ9年が過ぎる。

第404号
第405号
第406号
第407号
第408号
第409号
第410号
第411号
第412号
第413号
(章)

日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ