日々の新聞

419号
2020年8月15日


好きだからこの道をまっすぐ歩いてきた

 JR福島駅東口の広場に、作曲家の古関裕而のモニュメントがある。生誕100年の2009年に造られ、朝8時から夜8時まで30分おきに古関メロディが流れる。福島市は古関のふるさと。駅前の目抜き通りに生家の喜多三呉服店があった。いまは生誕の地記念碑が静かにそれを伝える。
 裏通りの斜め向かいにあった魚屋は「福島行進曲」や「暁に祈る」などをともに手がけた作詞家の野村俊夫の家。古関が小学生になったころ、5歳年上のガキ大将の野村は越してしまったが、幼いころよく遊んでもらった。30kmほど南の本宮町(現在の本宮市)では「露営の歌」や「イヨマンテの夜」など古関の作品を数多くレコーディングした、歌手の伊藤久男が生まれ育った。
 小野新町(現在の小野町)で生まれ郡山市で育った、作詞家の丘灯至夫は18歳で西條八十の弟子になり、古関と出会って「長崎の雨」「あこがれの郵便馬車」「高原列車は行く」などを一緒に作った。

 古関は生涯、5000に及ぶ曲を手がけた。早稲田大学応援歌「紺碧の空」、ラジオドラマの主題歌「とんがり帽子」や「君の名は」、映画「モスラ」の「モスラの歌」、全国高校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」、東京五輪の「オリンピック・マーチ」など多岐にわたる。
 そのなかで敗戦から4年、昭和24年(1949)に作られた「長崎の鐘」は代表作の1つ。長崎医科大学(現在の長崎大学医学部)助教授の永井隆の著書『長崎の鐘』をもとにサトウハチローが作詞し、古関が曲をつけた。永井と親交のあった精神科医の式場隆三郎の強い願いがきっかけだった。
 放射線医学の研究をしていた永井は戦時下の劣悪な医療環境のなか、結核のX線検診などをした影響で白血病の診断を受けた。2カ月後、アメリカの原爆投下で妻を亡くし、自らも大学で被爆、割れた硝子で大けがをした。しかし3日後には被爆者の救護にあたり、原爆の被害報告書もまとめた。
 『長崎の鐘』は自身の体験と、原爆が投下されたあとの長崎のまちや人々の様子が細かく記されている。「鐘」は浦上天主堂のアンジェラスの鐘。鐘楼は35m先まで飛ばされたが、鐘はほぼ無傷でがれきの下から見つかり、クリスマスに再び鳴り響き人々を励ました。
 「長崎の鐘」を作曲する際、古関は「長崎だけでなく、戦災の受難者全体に通じる歌」と感じ、打ちひしがれた人々の再起を願い、後半から長調に転じる希望の曲にした。永井からは「なぐさめ、はげまし明るい希望を与えていただけました」と書かれた手紙と、手製の木綿糸のロザリオが送られてきた。
 古関は求められれば、できる限り依頼を受けた。戦時中、たくさんの戦時歌謡を作曲し、多くの人が「露営の歌」に見送られて出征し命をかけた。「若鷲の歌」を歌って若者たちは南方に飛び立ち、ほとんどが帰らぬ人となった。
 従軍や慰問などで現地に行って、兵隊の心情を理解して作った曲はよく聴くとただ勇ましく、士気を鼓舞するものではないが、戦後、複雑な思いにかられ胸が痛んだという。古関自身、「長崎の鐘」に救われたのだろう。
 「私は音楽をもって大上段に構えたことはない。使命感などと、そんな大それたものを振りかざしたこともない。好きだからこの道をまっすぐ歩いてきたのである」。80歳でこの世を去る10年前、自伝にそう書いている。

 特集 古関裕而と仲間たち