日々の新聞

426号
2020年11月30日

縦63㎝、横39㎝

 いわき市平下高久の版画家の坂本勇さん(89)は夏に、新型コロナウイルス退治の版画を制作した。孫娘が福島市の小学校で養護教諭をしていて、励ましたいと思ったのがきっかけだった。
 「悪魔のコロナを、手洗いとマスクで追い払え!」と、逃げるコロナを表現した。完成後、孫娘が勤務する小学校と地元の小学校、かかわっている幼稚園の各クラスに1枚ずつ贈った。

 坂本さんが版画を作り始めたのは60年ほど前。油絵を学びたくて進んだ武蔵野美術学校で、時間講師の棟方志功の話を聞いてだった。美術学校の先生宅で見た浮世絵のコレクションにも魅了され、これが日本人の仕事と思った。
 乾坤妙韻(けんこんみょういん)という言葉がある。志功の人生訓で「天と地が互いに響き合う」の意。わかりやすく言えば、相手の身になって考えること。晩年の、わたしは生かされている、という言葉にも感動し、こころに残っている。
 同じ東北人というのもあって、志功は坂本さんをかわいがってくれた。「坂本君も出してみないか」と誘われ、第4回の日本版画会展に出品して初入選した。新舞子の松の作品だった。いま、坂本さんは日本版画会名誉会員。61回になる今年の版画会展はコロナの影響で中止になった。
 
 板と紙と墨で制作する版画。志功は「板画」と言った。坂本さんは下絵を描いて、それをトレーシングペーパーで写し、そのペーパーを裏にして今度は板に写し、それから彫り始める。だれが見てもすぐわかる作品を、いつも心がけている。
 若いころは京都や奈良に出かけて、寺社仏閣など日本的な作品を中心に手がけた。そのうち白水阿弥陀堂や塩屋埼灯台、波立海岸、勿来関など、いわきのさまざまな風景を制作するようになり、このところは題材に悩むという。それでも毎日、仕事場に入って手を動かしている。だから、手指がインクで汚れている。

 コロナ禍のなかで、出かけるのはトレーニングのデイサービスぐらい。あとは自宅周辺の散歩。「コロナは世界的な問題、早く収束するといい」。坂本さんは言う。

 特集 本丸跡の150年