日々の新聞

429号
2021年1月15日

見えず、臭わずの不安と恐怖のなかで
出る人間のエゴと醜さ

 2021年が始まった。2011年3月11日から10年。ひと昔の区切りになるのだが、まだまだ終わらない。震災・原発事故後はこれからも続く。
 福島第一原発には溶けた燃料があって高い放射線を出している。水素爆発によって飛び散った放射性物質は山野を汚染し、キノコや山菜などにより多く含まれているので、いまだに食べることができない。これは風評被害ではなく実害で、意識の外に置くことは到底できない。
 さらに原子炉建屋に入り込んだ地下水は溶けた燃料に触れて汚染水となり、濾過してもとれないトリチウムなどを含んだ水が溜まっている。国や東電は「汚染水を入れたタンクが増え続けて敷地が狭くなり処分が必要」と言い、総合的な判断では水で薄め、時間をかけて海に流すのことが一番だと説明する。
 福島県民のだれ一人として納得していないのだが、県知事をはじめ首長のほとんどは明確に「反対です。やめてほしい」と言うことができないでいる。「風評被害対策をしっかりやってほしい」という言葉で逃げて、国の顔色をうかがうばかりだ。震災・原発事故から9年と10カ月、わたしたちは、そうした日常を生きている。
 放射能を取り巻く意識の分断が、それぞれの心に深く広く根を張り、気を遣いながらなんとか折り合いをつけて生きている。声高に叫ぶわけではなく、でもあきらめるわけでもなく、目をそらさないで目の前の現実を受けとめながら対応する、そんな日々だった。一つはっきり言えるのは、震災・原発事故の前とあとを、区切って考える癖がついた、ということだと思う。

 新型コロナウイルスについても考えることが多い。行政は感染患者に対する攻撃や差別・偏見を理由に、詳しい情報を出さないようになった。それが実態をより見えにくくし、不安を増幅させている。市民のコロナに対する考え方もそれぞれで、細心の注意を払っている人と、たかをくくっている人の差が激しい。経済に気を遣うあまり対策が中途半端になり、感染を拡大させた政府の責任も大きい。
 「感染した人と、まだしていない人」「放射能に覆われた地域に住む人とそうではない人」…。コロナ禍と放射能禍は、さまざまな面で共通している。一番は、存在を確認することができない不安と恐怖のなかで、醜い人間のエゴが出る、ということだろうか。

 特集 コロナの時代に 長久保 鐘多さんに聞く