日々の新聞

423号
2020年10月15日

 記録的な大雨をもたらした台風19号の災害から10月12日で1年が過ぎた。いわき市で初めて大雨特別警報が発表され、三和町では総雨量が448.5mmにもなった。夏井川や好間川、新川、宮川、鮫川で堤防が決壊・越水し、決壊した9カ所のうち8カ所が夏井川だった。
 小川や好間、遠野、赤井、平窪、鯨岡など広範囲に浸水し、その面積は約1275haにもおよぶ。9人が亡くなり、7300ほどの世帯が住まいに被害を受けた。なかでも夏井川の左岸で、真似井川や小川江筋が流れる平窪は平地のほとんどが浸水し、平浄水場も水没して広域的な断水となった。
 
 あれから1年、台風のあとに平窪を歩いたとおりに辿ってみた。夏井川沿いの、堤防が決壊した四左エ門内、大念仏、中島、大きく陥没した戸川原。それぞれ堤防はコンクリートブロックをのり面に張るなどして整備され、戸川原の陥没もきれいに埋められた。四左エ門内そばの河川敷では、大がかりな樹木の伐採作業も行われている。
 住宅地を縦横に車で走ると空き地が目立ち、解体中の家にも遭遇する。中島の決壊した堤防近くで、台風のあと、土蔵の扉が開かなくて困っていた80代ぐらいの婦人の家もなくなり、広い敷地にたわわに実ったミカンの木がぽつんとあった。
 大念仏の堤防そばで、あの時、仲間の手を借りて泥を洗い流していた家はすべての雨戸が閉められ、その隣はさら地になり、数軒先の、奥さんが「急いで中央台に家を求めたので、ここは自営の事務所にする」と話していた家は、そのとおりになっていた。
 救助のヘリコプターから落下して亡くなってしまった70代の女性の家にはいま、だれも住んでいない。つい数日前に、修繕が終わったばかりの家がある。リフォームは早めに終えたが、また同じことが起きたらと、怖くて家具をそろえられない家もある。夏井川の河川工事が終わるのは、あと3年半ほど先だから。
 
 「あの日、何が起きたのかを知りたい。それをどう検証して、どういう対策をするために工事をしているのか、それもどんな進め方をしているのかを知りたい。そのために行政の説明会を開いてほしい」。人々は異口同音に言う。
 下平窪は二月に自主防災会の集まりで説明の場を一度設けたが、それではまだ説明不足。中平窪は三月に開く予定だったが、新型コロナウイルスの影響で実現していない。一年が経ったのにいまだ、何が起きたのか、今後の被害を防ぐためにどんな対策をしようとしているのかが説明されず、不安が募るという。
 決壊した場所は改修されても大雨が降ればその両脇が弱いと聞く、戸川原の陥没の原因は本当に炭鉱の坑道が関係していないのか、堤防の決壊場所のほとんどが左岸なのは右岸より左岸が低く造られているからではないか、小玉ダムからの排水がなんらかの影響をおよぼしたのではないか…住民たちの心配は尽きない。
 安心して平窪で暮らせるように、人々は説明を求めている。

 特集 このいちねん 台風19号被害(1)