日々の新聞

504号
2024年2月29日

絵・松本令子

        山に入る時はいつも一人。
     複数で行くと感覚が鈍って
     気配に気づけなくなる

 

 続々 湯ノ岳のくまのはなし

 ここ数カ月、いわき市内でくまと思われる動物の目撃情報が相次いでいる。そのニュースを聞く度に、十数年、湯ノ岳でくまの痕跡を記録している、常磐下船尾町の三浦芳治さん(71)の顔が浮かんでくる。7年ぶりに三浦さんにその後のくまたちの様子を聞いた。

 2017年、初めて三浦さんに湯ノ岳のくまのはなしを聞いた時、足跡などから湯ノ岳には少なくとも3頭のくまがいる、と話していた。2014年に雪の上に10㎝弱の足跡を見つけたくま太郎、2016年にクーという鳴き声を聞いた子ぐまのハナコとくま母ちゃん。
 この7年の間に、ハナコの弟のテツと、ハナコの子どものソウタ、それから食いしん坊のジローが加わり、三浦さんは湯ノ岳で六頭のくまの気配を感じている。ただ、いつも痕跡を確認できるわけではない。例えば、これまでの観察から、くま太郎は移動するルートがあって、4、5カ月に1度、反時計回りにぐるっと歩いて湯ノ岳のある場所にやって来る。
 ハナコは昨年のいまごろ、ソウタから離れた。「オスぐまの子殺し」を避けるため、ある時期、枯れ枝を集めて隠れ家を作り、小さなソウタを守っていたが、誕生から3年目を迎え、子離れした。以後、ハナコの痕跡は見つからず、もしかしたら2頭目の子どもを産んでいるかもしれない。
 春先になるとジローは陽あたりのいい場所に現れ、食べごろを狙ってまず青草、それからマダケ、ハチク、ホテイチクと次々に味わう。どうも日中は藪に隠れ、夜に行動しているようだ。

 この2年はあまり通えていないが、小さなハナコの鳴き声を聞いてから、三浦さんは毎週日曜日に湯ノ岳を歩いている。獣道を見つけて痕跡を探しているうちに、くまたちの行動がわかってきて、いまごろどの辺りにいるのかも、だいたい察しがつく。ためしに行ってみると、なにかしら痕跡がある。
 くまの習性もわかってきた。普段は足音を立てずに歩く。もし足音が聞こえたら、危険が迫っているということ。三浦さんは2度、聞いている。テツと母ちゃんの間に身を置いてしまった時と、枝払いの作業員たちから逃げるジローに出くわした時。ざっざっざっざっと、すごい音を立てる。
 勝手にくまに名前をつけ、山に入る時は指笛を吹き、そこにくまがいるように声をかけているが、三浦さんは1度も姿を見たことはない。くまは興味を持つと15m、風下側でも20mぐらいまで近づいてきて、人間の気配を感じて止まる。だから、くま鈴などで人間がいることを知らせるのが大事だ。
 「山に入る時はそれなりの準備をしないと、くまに出くわした時に慌ててしまう。私は山に入る時は、いつも一人です。感覚が鈍って、気配を気づけなくなるから。1人でびくびくしながら歩いているから気がつきます」。三浦さんは言う。
 くまを思わせる痕跡を見つけたら、三浦さんは必ず警察署といわき市、学校近くであれば学校にも連絡している。専門家を訪ね、その痕跡を確認してもらってもいる。それに湯ノ岳を訪れた人々とくまが出くわさないように、三浦さんなりの動きをしている。
 いま三浦さんは、いわきの地図を見ながら、豊間に現れたというくまのことを考えている。

 

 

 

 特集 大黒屋ものがたり

 


フォーク者 イサジ式の最新アルバム「風はまだ止まないが」

 

曲目は次の通り。
No1.風はまだ止まないが
No2.小さな映画館
No3.赤い月
No4.何処へ行くのか
No5.井の頭街道ブギウギⅡ

価格:1000円(税込み)
送料:130円       
 

 いわき市出身の「フォーク者 イサジ式」が、ミニアルバム「風はまだ止まないが」(5曲入り。1000円)を発売しました。「いつか来た道」「桜とウヰスキーの頃」「水は誰のもの土は誰のもの」(いずれも11曲入り。2000円)に続く第4弾で、独特の郷愁と静かな怒りがじわっと沁みてきます。第1作から4作までもすべて用意してありますので、ぜひ聴いてみてください。

 ◆購入方法
日々の新聞社に電話またはメール、FAXで「イサジ式CD購入希望」と明記し住所と電話番号、購入部  数をお知らせください。確認次第、郵便振込み用紙を同封し、お送りいたします。
※なお、振込手数料とATM手数料は購入者が別途負担となりますのでご了承ください。

 ◆お問い合わせ・ご注文
日々の新聞社
〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬一丁目12-9   2階
tel・fax:0246(21)4881  MAIL:hibi@k3.dion.ne.jp