INFORMATION

 Announcements

■ロイヤル コペンハーゲンと北欧のデザインの煌めき
 3月24日まで、郡山市立美術館で開かれる。デンマークとスウェーデンの19世紀末から20世紀の陶磁器、鉄器、ガラス器を中心に北欧デザインの魅力に迫る展覧会。デンマーク王立磁器製作所を起源とするロイヤルコペンハーゲンは北欧アール・ヌーヴォの先駆けになった。一方、スウェーデンでは北欧最古の陶窯のロールストランドが品格のある陶器を作るなどしている。展覧会では日欧のプライベートコレクションから約200点を展示している。
 観覧料は一般1000円、高校・大学生と65歳以上700円。問い合わせは同美術館024(956)2200。

■かたりつぎ~朗読と音楽と奇跡のピアノ
 3月2日午後2時から、アリオス中劇場で開かれる。震災伝承催事で、女優の竹下景子さんの朗読とジャズピアニストの谷川賢作さんの奇跡のピアノ演奏などが行われる。入場は無料だが入場券が必要。問い合わせはアリオスチケットセンター0246(22)5800。

■マチェイ・スクシェチュコフスキ チェンバロリサイタル
 3月31日午後2時から、アリオス音楽小ホールで開かれる。バッハの誕生日にすべてバッハの曲を演奏する。チケットは全席指定で2500円(25歳以下1000円)。問い合わせはアリオスチケットセンター。

■小林研一郎指揮 ハンガリー・ブダペスト交響楽団
 6月22日午後2時、アリオス大ホールで開かれる。いわき市出身の小林研一郎さんが第1回ブダペスト国際指揮者コンクールで優勝したのは1974年。今年はそれから50年になり、その記念の演奏会。ロッシーニの歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲、リストの「ピアノ協奏曲第1番」、ドヴォルザークの交響曲9番「新世界より」を演奏する。
 チケットはS席9000円、A席8000円、B席7000円、C席・車いす席6000円(25歳以下は各席半額)。問い合わせはアリオスチケットセンター。

■神永大輔&いぶくろ聖志 風と月のワンコインコンサート
 4月5日午後6時半、アリオス中劇場で開かれる。いわき市出身の神永大輔さんの尺八と、いぶくろ聖志さんの箏の演奏が行われる。チケットは全席自由で500円で、2月24日から予約受付を開始する。問い合わせはアリオスチケットセンター。