INFORMATION

 Announcements

■THEドラえもん展 FUKUSHIMA2021

 9月23日から11月23日まで、福島県立美術館で開かれる。「あなたのドラえもんをつくってください」。写真家の梅佳代さん、美術家の奈良美智さん、アーティストの村上隆さんなど、国内外で活躍する28組のアーティストにそんなお願いをして、それぞれが表現したドラえもんが展示される。
 チケットは一般・大学生1400円、中学・高校生1200円、小学生500円。問い合わせは県立美術館024(531)5511。

あはひのクニ あやかしのクニ 〜ふくしま・東北の妖怪・幽霊・怪異

 9月26日まで、福島県立博物館で開かれている。中央からみれば、福島は東北の入り口で、歴史的にも文化的にも、こちらとあちらの境界の場所だった。あはひはこの世とあの世の間のクニで、だから妖怪や幽霊が現れる「あやかしのクニ」という。
 「あはひのクニ あやかしのクニ」展では、福島県内のさまざなま怪異・妖怪・幽霊に関する資料を中心に展示し、福島、さらには東北の人々が抱いてきた異界や死への恐れ、不安、好奇心のあらわれ方を紹介している。
 なかでも興味深いのは、いわき市泉町に伝来した妖怪群像。何者なのかはわかっていない。動物や骸骨の頭部をもつもの、頭が複数のもの、一つ目のものなどさまざまな姿をしていて、「ゲゲゲの鬼太郎」を想像する。また好間町に伝わった幻獣の猫鬼の頭蓋骨も展示されている。さらに南相馬市の金性寺の幽霊画や、人魚のミイラなども並んでいる。
 入館料は一般・大学生1200円、高校生以下無料。問い合わせは博物館0242(28)6000。