451号

 編集室から451号 

 『プカプカ 西岡恭蔵伝』を読み、「ディランにて」と「Glory Hallelujah 西岡恭蔵自選Best」を聴いている。最初と最後のCDで、まったく曲調が違う。デビューしたころが、暗くてどんよりとした曇り空だとしたら、後半は明るい太陽が燦々と輝いている。恭蔵の心の内はよくわからないのだが、1つ言えるのは、その時代の若者が支持し、それぞれが好きな曲を、いまも大切にしているということだと思う。

(編集人 安竜昌弘)

そのほかの過去の記事はこちらで見られます。