GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


 このところずっと、1枚のCDを聴いている。フォーク者(しゃ) イサジ式の「いつか来た道」。フォークの伝統ともいえる土着の泥臭さがあり、心のなかの原風景が浮かんでは消える。ジャケットを開くと飛び込んでくる「小名浜港に捧げる」という文字。歌詞に散りばめられている「臨海鉄道」「夕暮れ煙突」「陽のあたる防波堤」「珈琲屋をさがそう」「1976」ノ。このCDには、あのころの小名浜が息づいている。しかしそれは、単なる郷愁ではなく、「ありふれた風景がもどってほしい」という、祈りのような願いだ。

 「イサジ式」こと伊佐治勉さん(60)は小名浜の弁別地区で育った。日本水素(現在の日本化成)の城下町ともいえるこの地区のシンボルは、赤と白に塗り分けられた高い煙突。下には工場群が張り付き、臨海鉄道が走っている。そのなかにひっそりと社宅があった。近くを流れる藤原川は絶好の遊び場で、仲間たちと少し上流の堰で泳いだ。
 そんなふるさとが津波に襲われ、放射能をまき散らされた。いてもたってもいられず東京から高速バスで小名浜へ向かった。そこで見たものは腰を抜かすほどの光景だった。ひっくり返っている大きな船。それは、友だちの船だった。日を追うごとに、「当事者なのに当事者になれない思い」が募り、葛藤が続いた。そして歌が生まれた。「どうか忘れないで」と。

 浜辺を歩き何事も  
 なかったような海を見る
 同じ波打つ海のそば
 帰れない町がある    

 もうすぐ春の花祭り
 寄せては返す人の波
 同じ花咲くあの町に
 帰れない人がいる

 目に映らない
 災いは続いている
 どうぞ忘れないで下さい
 (帰れない町)

 「自分の中にある小名浜の風景は、言ってみれば寺山修司の映画『田園に死す』のようなもの。さまざまな記憶がフラッシュバックとなって浮かんでは消える。そこにはいつも小名浜回帰がある。あのころへの憧憬に違いないが、決してセンチメンタルではない」

 伊佐治さんは、そんな思いを言葉にして音に乗せる。まさしく「ONAHAMA BAY BLUES」だ。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
ホームへ
画面上へ