GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188
189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207    



 ワールドカップ2018年ロシア大会で、日本が戦った試合をテーマに公開制作した。場所は金沢21世紀美術館で、7月7日に行った。この日は「起点としての80年代展」という展覧会の初日で、19人の作家(中原浩大、宮島達男、森村泰昌、大竹伸朗、船越桂などノ)の80年代アートシーンを振り返るものであった。私の出品作品の中のひとつに「PRESENTS SOCCER」というワールドカップ1982年スペイン大会をモチーフにした作品がある。あれから36年がたち、日本がワールドカップに出場する日を夢見ていた時代から、6大会連続で出場し、決勝トーナメントに進むところまで来たのである。
 公開制作の日は大会真っ最中で、日本がベルギーに勝っていれば「日本対ブラジル」の試合が行われた直後に制作する予定だった。しかし結果 はご承知の通り。日本の健闘を讃えるべく、コロンビア、セネガル、ポーランド、ベルギーの4試合のスコアを描き込んだ「SCORE BOARD」という4連作の作品を作った。サポーターに囲まれ、応援してもらいながら、午前中120分、午後90分、という2試合(午前中は延長戦でした)での制作だった。
 36年前はテレビで見たワールドカップのスタジアムの美しさ、特にグラウンドの緑の芝生とスタンドの広告のビジュアルのポップさ(この年からFIFAは大会にスポンサーをつけて運営するようになりました)、そして選手のユニフォームと背番号だった。特にペルーの赤いタスキとアルゼンチンの水色と白の縦縞に心惹かれ、それらが刺激となって絵になっている。
 ロシア大会での日本は、「絶対勝てっこない」と言われていたコロンビア戦に、いきなり開始6分で香川が得点し、その後同点に追いつかれるも大迫が逆転のヘディングシュート!。セネガル戦はシーソーゲームで、乾、本田のゴールで粘り強く引き分け。ポーランド戦は負けながらも、勝ち進む作戦に賭けて時間つぶしをしながら次への切符を掴み取り、ベルギー戦は、強国相手に2点を先制するも最後の最後に息の根を止められるという、どれも凄まじいドラマの連続だった。そんな記憶に残る試合のスコアをモチーフに作品を作った。
 36年前の自分は、こんな日がくるとは思ってもいなかった。材料は当時と同じく、段ボール。当時は藝大のゴミ箱から集めて来たが、この日は21世紀美術館のゴミ箱から集めて来た。
 これらの作品は妻有アートトリエンナーレの明後日新聞社で展示する。
 1つのアートのことだけをじっくりと異国の地で対峙できる時間空間が何よりも自身を成長させることになるのは確かです。
 私もそうでしたが、今はなかなかそのような時間が取れなくて、半ば彼らが羨ましく、後ろ髪を引かれながら帰国します。7月1日にはまた来ます。

(アーティスト)
 

 
  ホームへ画面上へ